お見合いの服装はどんなものが良い?女性は?うまくいかないのは何が原因?

3254104_s

お見合いの服装は男性はどんなものが良いのでしょうか?

お見合いの服装は男性の場合は、ジャケットにパンツを合わせた服装かスーツがお勧めです。結婚相談所で紹介された相手とお見合いをする際の場所には、一般的にホテルのラウンジや、落ち着いて話が出来る広い空間のあるレストランなどが選ばれることが多いです。

そのためあまりカジュアル過ぎる服装は似合わなく、きちんとした印象の服装が求められています。とはいえ仕事に来て行くようなビジネススーツの場合は、相手にやや硬すぎる印象を与えるためお見合いの場には向いていません。

お見合いの際の服装は女性はワンピースや柔らかい印象のスカート姿という人が多いです。そのため男性のほうも、場に合わせたスタイルにしましょう。

スーツの場合にはビジネススーツよりも、ややカジュアルな印象を与えるセットアップを選ぶのがお勧めです。この場合は男性はノーネクタイでも良いと言われています。

また上下が別のテーラードジャケットとパンツという組み合わせも、お見合いの服装としては適しています。もともと上下がセットになっているスーツのジャケットと違うパンツを選ぶのではなく、素材や色が違うものを組み合わせて着用し、シャツは柔らかい印象の明るい色がお勧めです。

 

 

1424720_s

お見合いの服装は女性はどのようなものがよいのでしょうか?

お見合いをする際の服装は女性はスカートがおすすめです。上下が別のツーピースを選ぶ場合でも、1枚でさまになるワンピースを選ぶ場合でも、パンツスタイルよりはスカートを選ぶと、お見合い相手に良い印象を与えられる可能性があります。

スカートの色は、女性らしさをアピールすることができるパステルカラーが最適です。あまり派手な色や柄のものは避けた方がよいでしょう。

例えば赤やオレンジ色などの原色を選んでしまうと、お見合いの席では相手を圧倒させてしまう可能性があります。また黒グレーなどの暗い色をしている服装は、暗い印象を与えてしまうかも知れません。

また服装に柄物を取り入れるときには、小さな柄を選ぶ方がおすすめです。大きな柄のスカートやブラウスは派手に見えてしまったり、下品な印象を与えることがあります。

それからスカートの長さは、ひざ下くらいの程よく足を出した長さがおすすめです。あまり長すぎると女性らしさをアピールすることができず、かといって足を大胆に出したミニスカートは派手な印象落ち着かない印象になりがちです。

このようなことからスカート丈は長すぎることなく、身近すぎないひざ下くらいが適しています。露出しすぎないのがお見合いの女性におすすめの服装です。

 

 

 

何度お見合いをしてもうまくいかないのは何が原因なの?

何度もお見合いをしているけれど、うまくいかないことがあります。その原因は色々考えられますが、一番大きいのは自分が何を一番大事に思っているのかよく分かっていないことが考えられます。

結婚相手に望む条件は人によって違い、年収など経済的な面もありますし親との同居の有無なども重要な要素です。ずっと地元にいたいので、転勤がある人とは結婚できないといったこともあるでしょう。

しかし、失敗したくないという思いが強すぎると、あれもこれもと条件をあげて相手に求めてしまいがちです。条件が多いほどそれをクリアする人は減ってしまいますし、本当に譲れないポイントを見逃してしまうこともあります。

お見合いがうまくいかない時には、絶対に譲れないこととさほど重要ではないことをきちんと考えることが大切です。それは相手に対するものだけではなく、自分のライフプランや価値観にも関わることになります。

つまり、相手について色々考えるのではなく、自分の人生そのものを見つめ直す作業から始める必要があります。どういう生活をしたいのか、そもそも自分は本当に結婚したいと思っているのかといった事も考え直すことが大事です。

その過程を経ることで、相手に本当に望むものが見えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>